排水管の水漏れは見逃さない

排水管の水漏れは見逃さない 排水管のトラブルには、いろいろなものがあります。マンションでトラブルが起きてしまったことを考えると、その被害を想像するだけでも嫌になってしまうでしょう。それほど大きな損害につながってしまうこともあるのですから、そのままにしておくことはできません。さまざまな問題が出てくることになることを考えれば、できるだけ早い処置が必要になってきます。

■キッチン周りからの水漏れ

マンションで水漏れを起こすことは、致命的な被害を出しかねません。家の中にはさまざまな場所に排水管がありますが、一刻も早く対処しなければいけないでしょう。もしも、そのままになった状況で、下の階に達した時には、膨大な保障をしなければいけないことが出てきます。
キッチンも水漏れを起こす危険性があります。生活排水も流すことになる排水管は、破損してしまえば汚水が流れ出すことになります。キッチン周りは水浸しになってしまうこともありますが、怖いのはすぐに発見できないケースで、シンクの下に水が溜まってしまうケースもあります。それが大量に漏れた時に堰を切ったかのように流れ出すこともありますので、非常に怖い状態です。

■洗濯機が原因になることも
洗濯機の排水管から水漏れを起こすケースもあります。洗濯機の構造的な問題もあり、どこに原因があるのか突き止めることは容易ではありません。排水管がつまってしまっているようなケースでは、洗濯機を使うたびにかなりの水漏れが出てくることになるでしょう。そうなると、大参事になってしまう恐れがあります。排水管 水漏れだと思っていたら、実は洗濯機本体の底から水が漏れているというケースもあります。非常に大きな水漏れ事故になってしまうでしょう。修理を考えるとしても、排水管の修理になるのか、洗濯機の修理になるのかの違いも出てきます。どちらにせよ、大きな被害を出してしまうため、できることであれば、事前にメンテナンスをして予防をする必要もあるでしょう。

■被害が出る前に修理を

修理も考える必要が出てきますが、なによりも補償の問題も出てきてしまう大参事につながる恐れがあります。下の階に水漏れをきたしてしまうと、苦情につながるのは当然です。それも、排水管の破損等で漏れしてしまえば、これは大きな被害を引き起こすことになります。汚水になるのですから、臭いの問題も出てきますし、衛生環境といった点からも、大きな問題につながってしまいます。
水漏れを特定し、止めることも必要ですが、不動産会社への連絡が必要です。特に被害の元が自分のところにあるのがわかっているときには、できるだけ早急な対処が必要になります。謝罪だけで済めばいいほうで、居住者に責任があることが明らかな場合には、内部の設備を含め、相当な金額の弁償にもつながる可能性があります。いかに予防策をうっていくのかが重要であり、初めから被害が出ないようにするのか、細心の注意を要することがわかるはずです。

■まとめ
マンションなどの集合住宅で発生した水漏れは、発見したらすぐに修理が必要になります。少しだから大丈夫といったことではありません。少しでも大きな問題になってしまうこともありますし、軽微な修理で問題を解決できるようなタイミングを逃したことによって、本当に大きな事故になってしまうことも出てきます。手遅れにもなりかねませんから、すぐに原因を突き止め、対処を進めていかなければいけません。原因の追求が厳しいというときには、すぐに専門業者に依頼することが重要です。排水管は給水管と違い、強い水圧がかかっていません。使っているときにしか水漏れが起きない場所となってくるため、わかりにくいこともあります。これが大規模被害の大きな要因となってしまうため、とにかく見逃さないことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース